相場感を知ろう

男の人と女の人

計算方法は会社により様々

訪日外国人や在留外国人の増加に合わせて、外国語対応が必要となるケースが増えています。身近なものでは街中の案内標識から家電製品の外国語表記のページまで官民問わず様々な場面で外国語対応が求められて来ている状況です。簡単な案内程度であれば英語が得意な人で事足りますが、本格的な仕様部分や注意書きなどは専門的な言い回しがされる事がある為、翻訳の素人では対応しきれないのが現実です。そこで頼りになるのが翻訳会社と言えます。翻訳会社は基本的にデータの提供を行えば最短即日で翻訳を行なってくれます。翻訳会社によっては電子データで無くても、メモ書き程度で対応してくれるケースもあるので、些細なアイディアから生まれた文章などをタイムリーに翻訳したい時なども臨機応変に対応してくれます。気になる費用面に関しては翻訳会社への依頼費用は会社によって支払い形態が異なるのが実情です。1文字単位で費用を見積もる会社もあれば、1ページ単位で費用を見積もる会社もあります。この他にも独自の契約を結んで年間契約やプロジェクト単位で契約を結ぶケースもあります。使用頻度やボリュームに応じて使い分けるのが賢明と言えるでしょう。なお、一般的には1文字あたり安くて10円から1ページあたり安くて5000円程度からと言うのが相場となっています。価格だけで選んでしまうのは危険なので、あくまでも費用の相場として認識をしてサービス内容などからしっかりと翻訳会社選定を行うのがおすすめです。

Copyright© 2018 翻訳会社を利用しよう【メリットを事前にチェック】 All Rights Reserved.