パソコン

翻訳の依頼方法

翻訳を業者に外注する時には、最初に翻訳会社を見つけるところからはじめます。翻訳会社によって得意分野が異なるので、費用で決めずに品質で選ぶようにします。複数の業者から見積もりをとって1つの業者に決めたら、納期を定めて翻訳を依頼するようにしてください。

男の人と女の人

相場感を知ろう

翻訳会社によって費用の支払い方が異なります。1文字単位で費用を見積もる会社もあれば、1ページ単位で費用を見積もる会社もあります。翻訳するボリュームに応じて使い分けるのも一つの賢い手と言えるでしょう。なお、単価は1文字あたり安くて10円程度、1ページあたり5000円程度と言うのが相場です。

男女

外注をするメリット

翻訳をしてもらう方法は、翻訳会社に外注する方法と翻訳派遣サービスを使う方法がありますが、ほとんどの場合翻訳会社を使った方がメリットがあります。短納期や大量の翻訳でも問題なく高い品質で翻訳をしてくれて、仕事がないときにも余計なコストがかかることがありません。

メンズ

優れた人材が在籍ている

翻訳会社の活用目的はその企業により様々です。特に多いのが専門性の高い分野の翻訳に関する活用方法です。翻訳会社には様々な分野に精通している人が各地から集まっています。また、どんな分野の依頼にも毎日24時間こたえる事ができています。

PC

会社に依頼するメリット

翻訳会社を使った方が1人の翻訳家に翻訳を依頼するよりも多くのメリットがあります。翻訳会社を使うと正確なだけではなく万人がわかりやすい翻訳をしてくれます。また、複数の目でチェックをしてくれて、ネイティブチェックも入るのでミスのない文書は企業の信用も高めてくれます。

翻訳の外注が人気

男の人

品質が安定しています

海外進出する企業が増加していることもあり、契約書やマニュアルなどの外国語化や海外の文書の日本語化といった業務が発生していて、その業務を翻訳会社に外注するのが人気になっています。翻訳業務は自社で行う方法と翻訳会社を使う方法の2つがありますが、自社で行うのは納期に融通が効くことと翻訳のための費用が発生しないことはメリットとしてあげられます。しかし、ビジネス文書を翻訳するのは言語力だけでなく、専門知識の習得も必要です。外国語化した場合には、ビジネス文書として適当かどうかをネイティブスピーカーにチェックしてもらわなければいけないので、人件費が必要です。自社で採用した担当者が退社した場合には教育に時間がかかり、これまで作っていた文書との統一性が薄れてしまいます。翻訳会社に依頼した場合には、固定費はかからなく翻訳が必要な時だけ依頼すればよいので特に中小企業ではコストを下げることができます。翻訳を専門としているので翻訳した文書の品質も高く、対外的に納品するのでスペルミスなどもチェックされているのに加えて、ネイティブチェックがされていることも多いです。翻訳会社のプロの品質は翻訳する人が変わったとしても、一定の質は保たれているため、担当者が辞めてしまった場合の問題点も解決することができます。近年では、人間が全てを翻訳するのはなく、翻訳ツールを併用することも多く、翻訳会社での翻訳の手間が軽減されてきたことにより外注費用が低下してきました。そのことが翻訳会社に翻訳を依頼するのが人気になっている理由のひとつでもあります。

Copyright© 2018 翻訳会社を利用しよう【メリットを事前にチェック】 All Rights Reserved.